双眼鏡を今使ってますか?


遠くにあるものを近くでじっくり見たいと思うのは誰もが思うことです。
そこまでのことを考えてはいませんでしたが、双眼鏡を使っていたのは小学生の時、友達が持っていたのを借りて使ったのが初めてのような気がします。
遠くのものが近くに感じられてとても不思議な感じでした。
また、気付かれないで観察できるというのも少しドキドキしたのも覚えています。
今はよく見かけるのは、ライブの時に使っていたりスポーツ観戦の時ですよね。
それはどちらかと言うとまぁ常識的な使用方法だと思いますが、色々検索しているうちに見つけたのはデジタルカメラ似双眼鏡を組み合わせて写真を撮るという方法です。
これはなかなか気づかないですね。
簡単に言えば、6倍の双眼鏡と望遠側100mmのデジタルカメラを組み合わせると、600mm相当の望遠レンズに早変わりするわけです。
ピントも双眼鏡で合わせられるしこんな扱い方も双眼鏡はあるんですね。
面白いなぁと思いました。